スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルギオットーネ丸の内のご馳走です

すっかり秋めいてきて、食材もだいぶ変わってきました。

丸の内のイルギオットーネでは、常にピクルスを作っています。ピクルス液が最高に美味しいのですが、配合は企業秘密とか。

今回は前菜に野菜のピクルスと出してくれました。

PICT4177.jpg
さわらと野菜のピクルスの盛り合わせです。

野菜は赤かぶ、かぶ、山芋の上にすぐきがのっているの、細長いのはヒノナかぶ、渦巻きのビーツはチオギアです。
酢だちを泡状にしたヌーベというドレッシングがかかっています。ガスパチョのスープと大根おろしとカラスミも味を引き立たせてくれます。
鰆にはカラスミが良く合います。
山芋に乗っているすぐきの葉のピクルスがとても美味しかったです。


温かい前菜はスフォリアータという春巻きみたいなものとオマールエビとポルチーニ茸です。スフォリアータの中には温泉卵、パンチェッタが入っています。ポルチーニ茸と生ハムのだしでオマールエビを美味しくしています。
PICT4179.jpg
これは間違いなく美味しい。絶品です。

岩手の農家から届いたカラフルな茄子を持って行きました。

PICT4176.jpg

いつものごとく、すぐに料理に入れてくれました。

いろいろ茄子のパスタです。

PICT4181.jpg

素揚げしたナスに魚貝のうまみがしみ込んで美味しい、しかも京都の黒七味がよいアクセントになっています。

そば粉を打ち込んだタリオリーニ 鴨肉のソース。じっくり煮込んだサボイキャベツの甘味と良く合います。
そば粉を練りこんでいるから食感は最高です。

PICT4183.jpg

埼玉のうずらのファゴッティーノ(詰め込んで焼く) 蓮根ソースでモチモチ感をだし、信州きのことすぐきが添えられています。

PICT4184.jpg

こんなにうずらが美味しいとは知りませんでした。

というよりも、料理の仕方が違うのですよね。

デザートはリコッタのエスプーマ ほうじ茶と豆乳のジェラートにアマレット(栗のピューレ)が添えてあります。

PICT4187.jpg


時期的にも栗は旬ですが、何ともいえず美味しい栗の味でした。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。