FC2ブログ

イルギオットーネ丸の内★秋のメニューです

9月に入りすっかい秋めいてきました。

やっぱりこの季節は台風が多いのが特徴です。

長野の集中豪雨でレタスやサニーやカールが全滅してものすごい高値です。

ズッキーニも長野だからやられてしまいました。

でも、こんな時でもイルギオットーネ丸の内は元気いっぱいです。

まずは旬の秋刀魚を使った、秋刀魚のバーニャカウダです。

PICT5644.jpg
秋刀魚をコンフィしたソースが美味しくて、皆、パンにつけて残さずにすくいます。

野菜も手前の長い茎は、水のたま という山菜の実です。ぬめりがあって美味しいです。
黄色いコリンキーの先についているのは、くちばしピーマンです。かわいいです。
茄子は絹皮茄子という生食用の茄子です。
青トマトや丸ズッキーニなど盛りだくさんです。

PICT5645.jpg
 次は真鯛のカルパッチョ、根パセリのマリネです。

根パセリは、パセリの根でアメリカからの輸入です。
しっかりパセリの味がしますが、見た目は白い人参です。
PICT5624.jpg
パスタは花にらを使ったトマト味のパスタです。
花にらの食感がしっかり残っていて美味しいです。

PICT5646.jpg
PICT5629.jpg
リゾットは青のりとあさりです。
海藻の香りが食欲をそそります。

PICT5627.jpg
根パセリを使った料理をもう一つご紹介します。

サーモンと根菜のサラダです。右下にあるのが根パセリです。

すりおろして甘くておいしかったです。ホースラディッシュの辛みのない感じです。

メインは舟形マッシュルームを使ったイベリコ豚のローストです。
PICT5649.jpg
山形の美味しい清流で育ったジャンボマッシュルームを豪快に厚切りにして、お肉の旨みを吸わせています。
今度からイルギオットーネでは山形の舟形マッシュルームを使ってくれることになりました。

美味しいマッシュルームと出会って感動して、イルギオットーネでメニューにしてもらうように頼みました。
是非とも食べてみてください。(^o^)

イルギオットーネ丸の内 夏のメニューです

お久しぶりです。

デジカメを性能アップしたスマートフォンに変えたら、写真が大きすぎてブログに入れられず、ずっとツィッターのほうで写真をアップしていました。

壁谷青果のHPのトップ画面の右下でツィッターがあるので、そこでお店情報を見てください。

時々刻々と美味しいお料理が紹介されています。

イルギオットーネ丸の内の夏の定番のメニューのご紹介です。

イルギオットーネ丸の内では、お客様にお出ししたメニューをすべて記録しています。

二回同じメニューを出さないように工夫されていますが、私は大好きなものと出会うとほかの人に紹介するがて

ら、数回味わいます。

まずはイルギオットーネの夏の定番「桃とオマールエビの冷製」です。

PICT5523.jpg
↑ これが、イルギオットーネの夏の定番オマールと桃の冷製です。すごく美味しいです。
オマールエビのスープを使ったジュレと桃のスープが爽やかで、上にのったヨーグルトのジェラートが美味しいです。贅沢に上にキャビアがのっています。

二回目にはオマールエビをボタンエビに代えて出してくれました。>^_^<
↓写真はオマールエビの代わりに、ボタンエビを使っています。
なぜならば、前に一度オマールエビのバージョンを私が食べているからです。

すごい気遣いですよね。



PICT5526.jpg

これは絶品です。毎年の定番というのでリクエストしても大丈夫です。

夏は果物をたくさんメニューに入れています。

今が美味しいトウモロコシを使った前菜もお勧めです。

PICT5528.jpg

左はトウモロコシをスフレにしたもので温かいです。

真ん中はトウモロコシのひげを使ってます。上にフォアグラがのっています。右はトウモロコシのスープです。

どれも最高に美味しい!!これもリクエストしてみてください・

この時期は京都の田鶴さんから賀茂ナスやキュウリが届きます。

胡瓜を使ったパスタは初めて食べたときに感動しました。

強調文約一年ぶりに再会して感動を思いだしました。

PICT5529.jpg

昆布のお出しのパスタで上賀茂胡瓜とアナゴの炭火焼が和えてあります。上に乗せた花穂が良い香りがして外人さんもびっくりのパスタです。

これこそイルギオットーネらしいパスタです。


メインは柔らかいポークの炭火焼とイタリア茄子のチーズ焼きです。

茄子とチーズがトロトロで美味しいです。ガスパチョのソースです。

PICT5525.jpg
イタリアナスはボリュームたっぷり。豪快に料理してください。
110725_0850031.jpg

夏の風物詩です。

デザートはメロンのスープです。

メロンの皮を甘くスティック状にして最高です。
これは絶品です。
PICT5531.jpg


少し前ですが、サクランボの佐藤錦を石川シェフが最高のデザートにしてくれました。

PICT5522.jpg


佐藤錦をバターで炒めてキャラメリゼにしてバニラのアイスと合わせてくれました。

こんな佐藤錦初めてで感動しました。

というわけで、相変わらずイルギオットーネの美味しい料理は健在です。

写真小さくしてちゃんとブログにも載せますが、日々のご紹介はツイッター見てください。

オレゴンバー&グリルの夜メニューです


汐留のシティセンターの最上階にある「オレゴンばー&グリル」では旬の野菜や新鮮な肉、魚を美味しく料理してくれます。

旬のおすすめは、北寄貝とホワイトアスパラ、この時期限定のアスパラソバージュも楽しめます。



本マグロのあぶりとアボガドです。
バルサミコのソースでいただきます。

PICT5422.jpg
大山地鶏とフォアグラのテリーヌです。

フォアグラの甘みが引き出されている料理です。

PICT5423.jpg
北寄貝とホタテの柔らかいこと・・・。最高です。

次は出始めのアユのコンフィです。油でじっくり煮ているので骨までとろとろですべて食べられます。
PICT5425.jpg

次はオレゴン自慢のサラダです。チーズのソースが決め手です。

PICT5426.jpg
次はオレゴン自慢のドライ熟成のビーフです。
ドライにすることにより旨みが凝縮するそうです。
確かに旨みが多かったです。

PICT5427.jpg

デザートの盛り合わせです。
PICT5430.jpg


二人分です。
ベリー類が自慢のお店です。是非寄ってみてください。

ラルーナロッソの初夏メニューです

中目黒の川沿いにあるラ・ルーナロッサの美味しいメニューは今年の一月にイタリアから帰国したばかりの高田シェフの自信作です。

高田シェフは、イタリアのいろんな地方で修業されましたが、自慢の作は、ピエモンテ地方の料理です。

ピエモンテはイタリアの北のほうにあり、パスタに特徴があります。一度食べると、やみつきになる味。

バターソースがイタリアの田舎の家庭料理を感じさせてくれるのです。ほっとする味で、でも日本では食べたことのない味なのです。

このバターソースの料理を食べると「ラ・ルーナロッサ」にきたなぁという感じがします。

桜の季節は常に予約でいっぱいです。やっと葉桜になり予約が取れたので土曜日に行ってきました。

最初は「鰻のカルピオーネ」です。うなぎをロールにして甘酢に漬けた前菜です。酢が強すぎないので酸っぱいのが苦手な人でも大丈夫です。

PICT5359.jpg

ベビーリーフも産直の元気なベビーリーフを使っています。

次の前菜は「三色アスパラの前菜」です。旬のアスパラ3色をつかったサラダ風の前菜です。

PICT5360.jpg

一番右上のが紫アスパラです。加熱すると色が落ちて緑になってしまうので、生食します。

紫アスパラは穂先より根元の甘みが強いので一本全部食べてほしいです。

ホワイトアスパラは通年ペルーから輸入してますが、この時期だけ佐賀や香川から太いのが出てきます。

輸入に比べて甘みや旨みが断然違います。

グリーンアスパラもこの時期は国産が出回り甘くておいしいです。旬の味をうまく使った料理です。

PICT5362.jpg
 
パスタはウニのパスタです。

旨みを麺がたっぷり吸っておいしいです。

次のパスタは「馬肉のコルゼッティ」です。手打ちの丸いパスタです。丸くしてハンコみたいなもので渦巻の模様をつけます。そこにソースがからんで美味しいのです。

PICT5363.jpg

ソースは馬肉のラグーです。くせなくて美味しかったです。
メインは「岩中豚のバルサミコソ-ス」です。 旬の野菜の付けあわせがお肉をさらにおいしくしてくれます。

PICT5365.jpg



オーナーはソムリエなので、お料理に合ったワインをサーブしてくれます。
飲み物はお任せにするのが美味しくいただくコツです。

美味しいお店はすべてお任せが一番です。

ぜひともお店に行って好みを言ってみてください。きっと満足する料理が出てきます。
予約するほうが確実です。


夏の野菜が出てきました

イルギオットーネ丸の内では素敵な花ズッキーニをつかっていろいろな料理をしてくれます。


ちょうど静岡の立派な花ズッキーニが手に入ったので早速イルギオットーネに持っていきました。

PICT5347.jpg

きれいなつぼみにスポンジを詰めています。

この中にいろいろな詰め物をするのです。

イルギオットーネでは中にマスカルポーネを詰めてフリットにしてサフランのリゾットと合わせています。

ズッキーニの甘さとサフランの香りがチーズとあって幸せな味という感じです。

PICT5352.jpg

トマトの冷製の前菜も格別なおいしさでした。

トマトをろ過したものをゼリーで固めて透明なのにトマトの味がたっぷりなカクテルです。

PICT5366.jpg
中にはマスカルポーネの冷たいスフレが入っています。
バジルの蜂蜜がかかっていてほんのり甘く最高です。バジルの香りにバジルシードが加わり贅沢な前菜です。
これは間違いなく美味しいです。

この料理はさらに進化して美味しくなっているそうです。パスタも冷たいウニのパスタです。

すっかり夏の味に移行しています。

PICT5351.jpg

これも絶品です。

冷たいスープにトマトを合わせた「飲むカプレーゼ」もびっくりの美味しさです。

PICT5373.jpg

カプレーゼの材料の、モッツァレラチーズとバジルをスープにして、甘みの強いミニトマトを添えて、オリーブオイルがかかっています。


最近は前菜の手の込みようが素晴らしいです。何度も味を運ぶといろいろ工夫してくれます。

お気軽に通ってみるとイルギオットーネのすごさを実感できます。

パスタも春のふきのとうを使ったカルボナーラを出してくれました。

カルボナーラにふきのとうの苦みがほんのりして大人の味です。

この味は初めてで感動しました。

PICT5375.jpg

おいしいメインもご紹介します。

牛肉でご新ぼうを巻いています
。緑のソースはなんとごぼうの葉っぱを使ったソースです。黒いソースはオリーブを使ったタプナードソースです。下にキノコを敷いていて旨みたっぷりです。

PICT5356.jpg


とっても美味しい料理が食べたくなったら、イルギオットーネ丸の内に行けば間違えなしです。